豆乳 バストアップ


豆乳に豊胸の効果はある?

あります

豆乳には大豆イソフラボンというものが
豊富に含まれていて、
女性ホルモンの一種エストロゲンと
似た働きをしてくれます。
その働きというのは、
バストの内部にある組織である
乳腺を発達させる効果なのです。
乳腺が育つと周りの脂肪も育ちます。

ですので、豆乳に豊胸の効果はある、
は正しいです。



豆乳には、
無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の
3種類がありまして、
無調整豆乳は、
大豆を搾ったままの風味を味わえる豆乳で、
大豆イソフラボンが
たくさん含まれていることが多いです。
つまり、三つの種類の中では一番、
豊胸に効果があるといえますが、
その反面、とても飲みづらいのです。

ここで、
豆乳よりもバストアップに効果的な

甘くて飲みやすい
新世代型サプリを紹介します。

寝る前に1粒飲むだけです。



ココアやシナモン、抹茶などで
味を変えて飲めるのなら、
無調整豆乳でもいいでしょう。

豆乳で胸が大きくなった体験談として、
親戚の25歳の女性なのですが、
毎日、朝夕食前に
無調整豆乳を150ccずつ飲んだら、
バストアップして
半年後にはCからFになりました。
あと体重も5kg落ちました。

無調整豆乳で飲みやすいメーカーは
紀文食品だとよく言われています。
味はもちろん、
衛生面や原料も信頼できるようですね。

豆乳で胸を大きくする際の注意点として、

豆乳を毎日過剰に摂取していると
生理が遅れます。

豆乳に含まれている大豆イソフラボンが
女性ホルモンと同じ働きをするのですが、
それが増えすぎて
生理が周期的に来るのではなく
毎回毎回周期遅延を起こして
生理不順になることもあるそうです。

適量としては、
1日 200ccのものを1〜2本、
200〜400cc位程度が目安としてお勧めです。

また、私もそうなのですが、

さくらんぼ、リンゴ、ナシ、ビワ、桃
などを食べると、
なぜか口やのどがかゆくなってしまう方は、
豆乳を飲んでも
アレルギー症状を起こす可能性が高いです。
ヒノキで花粉症になってしまう人も
要注意だそうです。

豆乳でもなんでもそうですが
食べ物でバストアップしようとすると
体質や摂取量によっては、
不正出血、吹き出物など
副作用は付きまといますね。

実は、先ほど紹介したサプリ以外の
バストアップサプリは
豆乳などの食べ物と同じ仕組みで
胸を大きくするのです。

だから、
いろいろと副作用に悩まされるわけです。

このサプリ(ピンキープラスといいます)



なら、豆乳よりも
早く確実にバストアップするのに
副作用はありません。

ピンキープラスの詳細を見てみる

無調整の豆乳を飲んでも胸が大きくならない理由

無調整の豆乳を飲んでも胸が大きくならない理由は、

せっかく摂取した大豆イソフラボンが
ちゃんと胸に届いていないからなのです。

胸へ毒素や老廃物がたまっている状態だといくら、豆乳を飲んでも
栄養や女性ホルモンが胸に届かなくなってしまうのです。
つまり、毒素と老廃物を正しく流せばあなたの胸は大きくなります。
それには、バストアップマッサージが有効です。

私は40代なのですが、戸瀬恭子という人の

効果的なバストアップマッサージのDVDを試したところ

2ヶ月でB70からE70になりました。

お話したとおり、豆乳アレルギーなのですが、

そのDVDの中で、豆乳よりももっと

豊胸に効果のある食べ物が紹介されていました。

それだけではなく、食べ合わせ、時間帯、食べる順など
「食べ方」にも言及されているのが良かったですね。

直接面談して指導(30分)していただけるし、
90日間試して理想の大きさにならなかった場合は
全額返金の保証も付いています。

詳しくは、 >公式サイト< で購入前のご相談も受付中です。