睡眠時間とバストアップの関係



寝不足だと胸は成長しないのか?

寝不足だと胸の成長は、ほぼありえません。

睡眠時間とバストアップの関係は大いにあると言えます。

よくテレビで扱うテーマに埼玉貧乳問題があります。

アンケート調査による結果では、
埼玉県が平均Aカップともっとも貧乳の県に。

一方、平均Eカップとなった巨乳の都市は京都府と岐阜県でした。

原因は睡眠時間だと結論付けられることが多いですが、

実際に、埼玉県在住の女子高生の睡眠時間は全国最下位という統計があります。

スタジオのお客さんたちに聞いてみても、成長期、思春期に、

Aカップの女性は深夜0〜1時頃に寝ていた人が多く、

逆にEカップの女性は22時以前から寝ていた人が多かったということで、

確かに、寝不足だと胸は成長しない、は真実みたいですね。

効果的なバストアップマッサージを試そうとしている人も、

睡眠が重要なのは盲点になっている人が多いです。

睡眠時間よりも重要なバストアップの見えない必要条件

睡眠時間とバストアップの関係は各種ホルモンの働きで説明できます。

睡眠の長さはバストアップに影響を与えます。

睡眠時間が短いと交感神経優位になり、

女性ホルモンが減少し男性ホルモンが増える。

その結果、バストダウンにつながってしまうからです。

確かに、その通りなのですが、

睡眠時間よりも重要なバストアップの見えない必要条件は

寝る時間帯なのです。

先ほどのアンケートのお話で、就寝時刻と胸のサイズの関係から、

寝不足だと胸は成長しないと書きましたが、

それはゴールデンタイム(22:00〜26:00)を外しているからです。

女性の場合は、成長ホルモンだけでなく、女性ホルモンも1番活発に出る時間帯です。

まるまるこの4時間に睡眠をかぶせるのは無理でも

なるべく早くベッドに入りたいものです。

そうすると、効果的なバストアップマッサージも最大限に威力を発揮できます。

また、早く寝ると

胸だけでなく、美肌やダイエット、デトックス、アンチエイジングなど、

美容全てに良い影響を与えます。 睡眠は女性の美と健康を維持する為に、

とっても大切なのです。

ホルモンは、特に思春期が一番分泌量が多いです。年齢を重ねるごとに徐々に下がり、

20歳くらいから減少に転じます。

それでも、大人になってからも一定量は分泌されますので、睡眠は大事なんです。

なので安定して成長ホルモンを出すためには、安定した睡眠が必要になるのです。

寝るのが遅かったり、寝不足だと、女性ホルモンの量が少なくなるので

胸が大きくなるのを妨げてしまい、胸は成長しないのです。

バストアップには睡眠時間と寝る時間帯が関係しているのです。