補正下着とブラジャー選び



補正下着でバストアップは期待できる?

補正下着でバストアップは期待できるのか?

まず、補正下着の本来の役割とは、着けている間

体の脂肪を正しい位置に修正して、洋服のラインをキレイに出す

というものです。

しかし、脂肪がその位置に定着してくれるかは別問題で、

一時的な体液の移動でバストサイズが変わることはありますが、

元に戻った後に、「20万も払ったのに全然胸大きくならない」

と悲しい思いをした人を私は知っています。

大きくなったらなったで、サイズが合わなくなり買い替えが必要になりますよね。

そうなると、また多大な出費です。これは下着会社の儲けの方程式です。

バストの下垂や乳腺の未発達、冷えなどを取るケアを行えば、

胸の成長を妨げるものがなくなり、バストアップは期待できますよ。

そのためには、補正下着に期待するのではなく、

エクササイズやマッサージを行う必要があります。

40代の私が試した、立体的なふくらみをつくる、

効果的なバストアップマッサージなら、

高いお金を払って補正下着なんか買わなくても、バストアップはできます。

ブラジャーの選び方、着け方、お手入れなどなど

ブラジャーの選び方を間違えてしまうと・・・

おっぱいが垂れる
胸の形が悪くなる
離れ乳になる
シルエットが崩れる
肩こりの原因になる
・・・・・

などなどデメリットはキリがありません。

正しいブラジャーの選び方、着け方をしている女性はとても少ないです。

メーカによってサイズも多少異なるのに、

私はB70だからと言って、そのままB70を買ったりしていませんか?

購入前の試着は必須ですよ。

でも、ネットで購入すると試着できませんよね。

ショップによっては、試着用のブラを送ってくれるところもありますので

できる限り試着してください。

具体的なチェックポイントは



1カップ上を着ける。

アンダーはジャスト。

そして、ゴールデントライアングルが綺麗にできているか。



この3点です。

1カップ上を着けるというと、揺れて垂れないか?と思いますが、

ストラップで調整します。また、ほとんどの方は左右でおっぱいの大きさが

違いますが、ブラジャーを選ぶ時は大きいほうに合わせます。

小さいほうがゆるすぎる場合はパッドで調整します。

1カップ上にするのは、ちょうどサイズだと、バストアップの余地がなく

大きくなりきることができないからです。

アンダーをジャストにするのは、締め付け過ぎると、血液、リンパの流れが

悪くなるからです。


ゴールデントライアングルとは、

正しいブラを選んでそれを正しく着けると、

鎖骨の中心と両方の胸のトップを結ぶ先が綺麗な正三角形になります。

これが「ゴールデントライアングル」です。

ブラ着用時の最終確認でこのゴールデントライアングルが

綺麗にできているか鏡の前で確認してください。



ここで、NGブラについてお話します。

ストラップのないブラ、ベアトップ、貼り付けるタイプです。

これらは、おっぱいをつぶし、形を崩してしまいます。


ブラジャーのお手入れについて、

洗うときは、手洗いが理想です。手洗い方法は、

ぬるま湯におしゃれ着用洗剤を入れて、中でブラを泳がすように

したり、押したりして、こすらずに洗います。

すすいで洗剤を落としたら、乾いたタオルでブラをはさみ、水気を取る。

カップの形を整えたら、カップとカップの間をハンガーにはさんで、

陰干しします。

洗濯機でもいいのですが、そのままジャブジャブ洗うと型崩れしてしまいます。

おっぱいも汗をかくので、できれば1回つけたら洗ったほうがいいでしょう。

ブラジャーの寿命は一般的に2年が目安と言われています。

おっぱいの運命はブラジャーが決めるといっても過言ではありません。

選び方はもちろんお手入れも大切に。


先ほど、左右でおっぱいの大きさが違うと言う話をしましたが

ほとんどの方、9割以上でしょうか、はそうなのです。

利き手側が小さい方が多いですが、よく使う側はよく筋肉が凝るからです。



効果的なバストアップマッサージでは、おっぱいを大きくするだけでなく

左右のバランスも取れ、やわらかく、かつハリがあるようになります。

私も、B70→E70になった時には大きさの違いはなくなっていました。