キャベツの豊胸効果



キャベツに豊胸の効果はあるのか

あるタレントさんが、

1日1個(!)のキャベツを食べて

バストがBからDカップになったそうです。

その話が、メディアに乗ってネットにも広まり

キャベツに豊胸の効果はあると言われるようになりました。

結論を述べますと、

キャベツには胸を大きくする”直接”の効果はありません。

彼女の体験談はウソではないでしょうが、

キャベツの豊胸効果のおかげだけではなく、

芸能人なので人一倍、健康や美容に気を使って

エステや、運動なども大きいと思いますよ。

それでも、キャベツに含まれるボロンという成分が、

女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌を促すので、

バストアップに間接的につながるのは確かです。

目に見える効果を実感するには、毎日大量に摂取する必要があります。

しかし、おっぱいのリンパの流れが悪い状態だと

キャベツに限らず何を食べても豊胸効果はありません。

有効成分が胸に届かないのです。

流れを良くするためには、

効果的なバストアップマッサージがベストです。

胸を大きくするボロンとは

ボロンとは、人体に必須であるホウ素の一種で、

人体においては肝臓のグリコーゲン合成に関係し、

欠乏すると皮膚アレルギーを起こしたりするそうです。

ボロンには、エストロゲンの分泌を活性化し、

間接的ではありますが、胸を大きくするほか、

骨を強くする働きがありますので、

骨粗しょう症予防には役立ちます。

ボロンは野菜や果物に含まれていて、キャベツの他には、

ぶどう、レタス、エンドウ、りんご、梨にも含まれています。

熱に弱い栄養素なので、豊胸の効果を失わないために

加熱せずそのまま食べるのがいいでしょう。

キャベツのボロンを摂取したからといって

豊胸に繋がることもあるということで

直接に胸を大きくするということではありません。

特定の食品の過剰摂取をすると、

体内のバランスを崩してしまう可能性があります。

ボロンでも大豆イソフラボンでもそうですが、

食べ物「だけ」で豊胸を期待するのはやめましょう。

効果的なバストアップマッサージ などを行うことで、

栄養や女性ホルモンが胸に届くのですから。